2020-09-20から1日間の記事一覧

酔心抜刀術 兄弟之噺

# 起 夕刻、私と酒を飲んでいた兄は、不意に黙りこみ、片の掌で口元を覆うと、四半刻ほど固まっていた。このように兄が己の世界に入るのはいつものことである。そのあいだ私は酒を進めていた。囲炉裏の火が揺れていた。 ふいに兄が意識を取り戻した。「小三…